スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by つっこママ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

今年もよろしくお願いします♪

2018年、挨拶が遅くなりましたが、



11811_0068.jpg






今年もよろしくお願い致します



なぜブログ更新をしていなかったかというと、

数年ぶりにはじめちゃんと家庭内別居を10日程していたからです

ちゃんと話し合ったので今は仲良しですが、はじめちゃん、今年厄年なので急いでつっこと例年行く寒川神社に厄除けに行ったらしい

厄年の時って、離婚率若干上がるらしいヨ。

年齢的に、厄年の男女の時期って、仕事だったり育児等のストレスを溜めやすい時期で、夫婦のコミュニケーション不足になりやすいのかなと実感しました。



~~~~~~~~~~切り取り~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最近つっこのごはんを減らして、若干痩せてくびれができたのだけど、はじめちゃんが


IMG_9526_201801161521438c8.jpg


と言い出して、私も実は同じように思ったりもしていたけど


いやいやいや、そうやって毎回また太って~の繰り返しだった!!しかもまだ理想体重より全然太ってるんだった

太ってるのを見慣れてしまっているので、ちょっと痩せただけで激やせと勘違いしてしまうつっこ家^^;


そんなつっこ家に、新しい家族が来たんですね。


IMG_9537.jpg

電池でワンワン動くおもちゃなのだけど、ゆの吉がお年玉で自分で買いました~。


チワワがかわいいと言って購入して、1週間ずっと「かわいい~」と毎日抱っこしていました。ちなみにこのシリーズ、パグは売ってません。

しかもそのチワワが1人でお留守番でかわいそうと言い、ずっと頼み込んできたので昨日は新たにお年玉でレトリバーを購入。


IMG_9534.jpg


恐竜好きのゆの吉に、お年玉で恐竜のぬいぐるみの方がいいんじゃない?って言ったら、チワワちゃんが怖がっちゃうからと拒否。

最近、パグパグアドベンチャーというアニメがお気に入りで

pugpug_L.jpg


ゆの吉のわんちゃん好きが加速!!


昨年11月頃に、わんちゃんの赤ちゃんのお世話をしたいとずっと言っていて、

私が「つっこちゃんのお世話をしてよ~!」と言ったら、

「つっこちゃんはお世話をしなくても自分でなんでもやれちゃうんだもん。」と。その後つっこを抱っこしようとしたら、重いと言っていました。体重ゆの吉の半分以上あるしね。


赤ちゃんのお世話って、抱っこがしたいって事みたい^^;


IMG_9538.jpg


隙あればつっこはこのおもちゃを噛み噛みしようとしていますが^^;



つっこがゆの吉に与えている影響は、それはそれは大きくて、

こちら朝ごはん時

IMG_9541.jpg


つっこがゆの吉の近くによくいるので、本人はつっこから無条件で愛されているという、自己肯定感がつっこから育まれているらしい。



赤ちゃんわんこのおもちゃは、私がちょっとでもぶつかったら大騒ぎ!!

ガラスのように扱わされております







スポンサーサイト
テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 15:50 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

12月最後の日

今日で2017年も終わりですね。


shineeのジョンヒョン君が亡くなり、なんとなくブログから遠ざかっていました


最近ゆの吉が私の影響でK-POPを見ていて(しかも韓国語に興味を持っていて単語を言う)、ゆの吉が好きなグループの1つでもあり悲しかったです。以前も書いたけど、韓国の音楽業界は日本と違って競争が激しく、浮き沈みがかなり激しいので本当に大変です。

彼はとてもつらい幼少期を過ごしてきたのです。自分の子供の頃の写真は思い出したくないと全て捨てた程。(なので、メディアに出る幼少期の写真は、親がもっていた貴重なもの)
子供の頃から自分の幸せは、お姉さんとお母さんが幸せになる事と言っていた。しかし数年前に、夜中に2人に幸せかどうか尋ね、幸せだというと、自分も幸せになりたいと、2人の前で泣いたんです。どんな過酷な幼少期だったか。。。

自殺の要因は色々あるだろうけど、こういったバックグランドに触れる報道はされていないですね。


色々子供に関する本を読んでると、鬱を発症するきっかけはいくらでもあるけど、そもそも鬱になりやすいかどうかというものは
幼少期の育ち方というものがものすごく重要であるという事がわかりました。

なので、鬱のきっかけを考える事も重要だけど、さらには幼少期の親の対応、境遇によって、将来こういった問題が出てくるという
事を問題視することも、社会全体が考え、問題視することが重要ではないかと思うのです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~切り取り~~~~~


12月、つっこ家は色々忙しかったです。

幼稚園に特別登園させてもらいました。


1IMG_7382.jpg


最初は緊張していたけど、普通に溶け込んでいました。


同じマンションのお友達とお出かけしたり

IMG_9366.jpg

ダンゴムシはみー子

時間が合わなくなって辞めた工作教室にも特別参加させてもらい、そこで仲良くなったお友達と遊んだり

スクールのお友達とみなとみらいで遊んだりと、子供同士の付き合いが色々ありました。

IMG_9483.jpg





そして、毎年恒例のつっことの旅行は、スクールの都合上前倒しになり、12月25日に行ってきました。今年はここ


1IMG_7432_201712311202302ba.jpg


以前行った事があるレジーナリゾート富士。

去年は、同じグループのレジーナリゾート箱根(こっちの方が値段高め)に行ったのだけど、確かに部屋に露天風呂が付いているし、食事も個室でいいのだけど、私たちは離れの部屋より、他のワンズとの雰囲気が楽しめる富士の方がよかったな~という事で再度来ました。


普段ジュースをあげていないので、ぶどうジュースのウェルカムドリングにゆの吉は大興奮。

1IMG_7421_20171231120232c9e.jpg



わんこの散歩コースもあるのでつっこは行きたがり

1IMG_7433.jpg

子供たちははじめちゃんと遊びたがりで、

1IMG_7429_20171231120231fea.jpg

私とはじめちゃんは休めず


夕方には、わんこのマッサージ講座に参加しました。参加するポイント貯めて1泊無料になるのです。


しかしつっこ嬢は

1IMG_7452.jpg

講座は受けず、2階にある食事処からの香りに夢中でした。代わりにはじめちゃんはみー子で実践

1IMG_7451.jpg



夕飯には、つっこも目がキラキラして

1IMG_7455.jpg


注文した馬肉を食べました

1IMG_7457.jpg


旅行に来たのに子供たちでお風呂もゆっくり入れず、さらに疲れたので、からすみが出て来た時はテンション上がりました


1IMG_7462.jpg


1IMG_7469.jpg


朝は量が多いのでたくさん食べましたが


1IMG_7470_201712311309365c8.jpg


朝はもらえないと悟ったつっこはふて寝していました

1IMG_7484.jpg

宿を出て、皆でケーブルカーに行きましたよ

1IMG_7486.jpg

つっこはゲージを貸してもらえます。わんこ100円取られます


ケーブルに乗るのに30分待ちの時から、子供たちは愚図り始め、富士山をバックに写真を撮るにも大変で


1IMG_7492.jpg


つっこは外国の方が多いので、写真を撮ってもらったり


1IMG_7494_201712311203535b6.jpg



そうだった~、子連れ旅行って、ただ疲れに行くだけだったのを思い出しました


そして12月31日。

ゆの吉の習い事から帰ってきたけど、今日も途中で帰されてしまいました。高いお金払ってるのに帰されるって何?!

その話は後程。


私は、ゆの吉のスクールが終わり、なんだかどっと疲れが出てしまい、燃え尽き症候群状態で、友人との約束や用事以外は家を出ませんでした。
やっぱりすごく疲れていたんだなーと。


色々2017年はありましたが、

つっこが健康でいてくれたことが、何よりもうれしいです



2017年、ブログに来てくださりありがとうございました!


来年皆さまにとって、良い年でありますように


良いお年を!!!




テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 11:07 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

平気




昨日のつっこ嬢。


みー子が少し体調が悪くて、みー子を抱っこ紐で抱っこしてつっこの散歩に行きました



IMG_9337.jpg


ものすごく元気で、既に1時間以上経過してるのに


IMG_9338.jpg


何度も立ち止まっては、家に帰らないと言いますよ


IMG_9341.jpg


私の腰と肩が抱っこ紐で痛いのですが・・・


1IMG_9344.jpg


結局、家でささみ食べるよ~という言葉で釣って、それでも1時間45分もの散歩に行きました。

つっこにとって、まだまだ足りない様子。


その後は特に変わった様子はないので、足が痺れただけだったんじゃないかなと前向きに捉えています。

もちろん1日しか経ってないからわからないけど、いつも通りのつっこです


そして今日は、学校が年内最後の日で、クリスマスパーティをするとのことで、お弁当の代わりに、29人分の何かを持参して持ち寄りパーティ。うちは先生の数を含め31個のドーナッツを用意。日持ちがしないと言われたので、当日食べるなら、揚げてから時間が経っていない方が美味しいと思い、朝6時30分にはじめちゃんが受け取りに行ってきました。


が、まさかのゆの吉欠席


IMG_9346.jpg


食欲がないとかで、明らかにみー子の胃腸風邪移ったんだろうなって感じでみー子が吐いた時から、こんなこともあり得るなとは思ったけど・・・


とりあえず、ドーナッツは近所の知り合いに配ったけどなかなか減りません




テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 11:23 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

異変

今までは毎日学校近くで待機していたけど、12月から、水泳がある水曜日だけ待機をしているつっこ家。

そのため、週1回はつっこを連れて待機中に散歩することにしたんです


IMG_9155.jpg


大体、朝45~60分位散歩して


IMG_9203.jpg


1時過ぎに、20分位散歩をしていて


IMG_9214.jpg


緑が多い場所なので、凄くつっこのテンションがあがって、10歳にしては走り回って楽しそう

IMG_9160.jpg



今日もそういう時間を過ごし、疲れて車の中で日向ぼっこをしながら寝ていたつっこ嬢。


ゆの吉を迎えに行って、一度家につっこを連れ帰るのだけど、今日はそれをせずそのまま一緒にプールへ。

プールが終わってつっこがいる車に戻ると、上着や荷物の上で寝ていたつっこが、隣りの席の私のもとへ来ようとしても来れず、

なんか、右足が変?!

嫌な予感がして家に連れて帰って歩かせると、まっすぐ歩けずふらふらして壁にぶつかってしまい、右足が思うように動けず。

ご飯だよと言えば急いで走って食べに来たけど、やっぱり右足がおかしくて立てなくてふらふら。10分位足が変な感じだった

近所の亡くなったワンちゃんが、急に後ろ足が動けなくて2日後に死んだと聞いた事があったから色々変な事を考えてしまう。


怖くなって、はじめちゃんに電話したらすぐ病院に行ってと言われて急いでいったのだけど、

みー子がノロウィルスになったのか車で吐いて、ゆの吉もつっこの異変に「助ける!」と言うなり「変身!」とか言い出してあちらの世界へ行ってしまい、この状況でおいおい

今大変だからお願いだから強力してね!!というと、「うん!わかった!」と言った後に、「協力って何?」と言い出す大人しくしてろってことだよーーー!!


みー子はげろげろだし、でもつっこは足は変だし、引き返すわけにはいかないと結局そのまま病院へ。でも、いつもの先生はいない日。初めての先生にちょっと不安。



病院についたら足は治っていたんだけど、

診断は、最初は同じ態勢で足が痺れた可能性があると言われて、ほっとしていた数分後、反射検査をしたら


「なんか神経反射が両足ちょっと弱いんですよね。10分痺れるって長いし、(私の話を聞いたから)偏見かもしれないけど、耳を振ると気持ち右足がおかしく感じる、本当に偏見かもしれないからわからないけど。。。それにベテランの先生に聞いたら、足の痺れは前足がほとんどで普通後ろ足はあまりないと」と。

「痛がってもいないからヘルニアとかそういうのはなさそう。犬にありがちな靭帯も伸びてないし。10歳で腫瘍とか色々あり得るし、今回様子見して、次動画を撮ってください」と。

結局、大きな病院でMRIを撮って確定診断するしかないと言われた。その場合パグの高齢で全身麻酔はリスクが高くなる。

いつもの担当の先生なら、もっとはっきりした事を言ってくれただろうに、信頼関係って重要だなぁ以前口にできた腫瘍も、いつもの担当医がいない日に受診したら、歳だからという理由でメラノーマ疑惑を含め怖い事言われて、麻酔して腫瘍を取ったらただの歯肉炎だったし、確かに年齢的に色々出て来るけど、余計な負担は避けたいし、もうちょっと経験上の診断ってできないものなのなのか。と言っても若かったし。。


家に帰ってから、つっこはついでに病院で爪切りの処置をしてもらって、思ったより時間がかかったせいか、それとも
体調が悪いせいか、ずっと尻尾が下がったまま。


つっこは2~3歳の頃数回てんかん症状があったけど、あれは前足で数十秒~せいぜい1分に対して、今回は後ろ足だし長い時間だったので同じには思えなくて・・・。それにてんかんの時は意識もうろう気味に対して、今回は意識はあるのに前に進めれないみたいな、足が思うように動かない感じ。


もう10歳だからいつどうなってもおかしくないとは思っていたけど、いざとなったらと思ったら怖くて

とりあえず、今までと違って、つっこがいる家には帰って来れるので何か異変があればすぐ対応できるとは思うけど、もうありませんようにと願うしかない


尻尾はだらんとしつつも、家ではいつも通りなつっこで、散歩疲れか子供たちと一緒に寝ています。


子供が産まれてから日々追われていて、つっことの時間が減って、毎日申し訳ないと思って過ごしてきた日々。

あともう少ししたらみー子も学校に行くようになり、たくさんつっことの時間がとれると思っていた矢先。

つっことの時間は限られているということを再認識した日でした。


子供が学校に行くようになったら、ではなく、今のつっことの時間を大切にしようと思う。

つっこがいなくなる日がくるのを実際は想像できないから、

毎日が大切にできていないのかも。つっことの時間だけでなく、自分の人生においても毎日が大切にできていないのだ。




テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 22:09 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

思い

今日はゆの吉の学校のイベントでした


ゆの吉がバス通学を始めて、お友達のお陰で楽しいと言い出して安心。

お兄ちゃんお姉ちゃんも仲良くしてくれるし、何より同じ日本人のお友達たちが乗っているので、

お陰で1時間40分乗車も苦になるどころか学校に行く楽しみに変わったらしい!



なんと、仲良くしている年長児にあたるお友達たち&その兄弟(弟は必然的に辞める事になる家庭が多い)が、12月でごっそり辞めてしまうのです


なんでかというと、インターの宿命、それは義務教育を放棄することになるから、地元の小学校の校長の裁量次第で、

インターに行けば日本の学校にはこの先行けないという選択を取らないといけないのです・・・


日本の小学校を卒業できない→中学にも行けない→高校にも行けないというパターン。

国からの補助金はないので学費が高いとか、学割定期券が買えないとかのお金面の問題以上に、下手すると学歴が小学校卒業すらならないという現実。いやいや、義務教育は中学まででしょと思われがちだけど、実際日本はインターに対してかなり厳しい。


インターに行くなら色々なリスクと覚悟が必要になってくるのです。

なかには小学校に籍だけ置かせてくれるという学校もあるけど、それは本当に校長次第。
今までいくつか聞いたけど、許可してくれない学校の方が多い。

なので、1つの壁は小学校入学前、もう1つの壁は小4の壁。小学校は籍だけ許可はしてくれたけど、中学はさらに厳しいので小4辺りに日本の学校に移って中学受験勉強をするパターン。その位になると漢字もかなり難しくなるし、英語も定着する年齢になるので、後は日本の教育をという感じ。中にはインターの子も行きやすい私立中もあるし。


日本人は、このままインターに通いたくても、何かあって日本の学校に戻りたいという時に、それが不可能となるリスクを背負ってるのです。

日本には日本人経営の私立校寄りの一条校と言われる学校が数校あり英語を学びつつ日本の学校と同じ扱いになるのだけど、うちは選択肢には元々いれていない。


親からすれば、グローバルな教育を受けてそれが将来日本に還元されるのだからいいじゃないかと思うのだけど。

それに、通い始めて感じたことは、外国人の学校ということで、排他的にされている環境ということ。日本に暮らしていながら全く知らなかった世界。

外国籍の子たちは日本に暮らしながら本当に色々苦労しているんだなと思う。何かと外人だからという理由で。しかも人種によってまたその差別も違かったり。

日本人でありながらうちも肩身の狭い思いをしている気分。

行っちゃいけない場所にいっているような・・・


うちは子供たち本人が望むのであれば、この先インターに行かせ、IBを取り、世界ランキング上位大学に奨学金で行かせたい (←ここ重要。奨学金がなければ無理)という思いがあるので、そこに向けて既に色々計画はしているけど、そもそも日本から行くというのがまず難しく

隣りのクラスには暗記でギネスブックに載っている子がいるので、そういう子たちと闘って?!世界の一流大学を目指すというのは、ただ事じゃないと。

しかも入りやすいMBAや大学院から入るのではなく、本当に難関な大学受験から頑張らせたいという、
勝手な妄想があります。世界中から集まる優秀な人と出会い、色んな刺激を受けて色んな考えをしながら生きて欲しいという思い。正直、学歴云々というより、周りからの色んな刺激を受けて欲しい。それは私もはじめちゃんも、自分たちが経験した結果、そういう思いがある。

やっぱり周りの環境ってすごく大事。今の学校も、周りの子が英語を話してるから自分も話せるようになりたいと言い出したし、
本当はもっとお金があれば色んな経験をさせて色んな興味を引き出してあげたいのだけど、もううちでは限界っす^^;その分、将来素敵な出会いが持てる環境に行ってねという思い。



もちろん、これはあくまで親が勝手に思ってるだけなので、本人が日本の学校に行きたがればすぐ行かせるし、そもそも本人にそういうモチベーションがあるのかという問題。それに、日本の大学と違って勉強さえできれば受かるわけではなく、勉強ができるのは当たり前でかつ、他のかなり秀でた才能やリーダーシップを証明する事も問われるから、親の育て方がかなり影響するという。

まぁ、今だけ楽しい夢みさせてねというお話^^;本人の成績表すらまだ出てないし。


来年には日本の学校に行ってるかもしれないし^^;

私的には、名前の由来通りグローバルに生きて欲しいとは思ってる。

それにしても、辞めていく子がたくさんいて、しかも皆遠くから来ているからこの先会う事はないかなと思うと本当に悲しい。

ゆの吉が言葉がわからない時も、日本語を話せる人がいてくれたことで学校に行けただろうし、異年齢で色んな刺激を受けたし、

厳しい環境の中一緒にたくさん笑い合って支えてくれて、そして自分が異文化の中で同じ日本人であるという事を認識させてくれる仲間


ゆの吉より、私の方が悲しいかも^^;

今日学校のイベントで、素敵に舞台で演技をしていて、自分の子より、辞めてしまう子供たちをずっと見てしまいました。


どんな人生を歩むのか一緒に見届けたかったけれど・・・

とにかく、素敵な人生を歩んでねと伝えたい


再来年ゆの吉が小学校に上がったら、日本人はほとんどいないんだろうなー




テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 19:19 |  つっこママとはじめちゃん |   |   |  page top ↑

変化


年齢とともに好みが変わってきて、その1つに服装の好みも変わってきました。

今私の中で攻めているフェンディのバッグに合わせようと、me イッセイミヤケのワンピース

IMG_9305.jpg

色も攻めてるけど、胸元にアクセントの穴があいてる作りなので、2か月程買うか迷っていたけど購入
節約の身としては私の洋服買っちゃったから、今月もやしご飯食べてね~的な

幼稚園にいたらまず買わなかったけど、今の学校に送迎でも浮かなそう。


引っ越しをずっと検討してきたつっこ家。

この1年以上色々見ましたが・・・結局


IMG_9292.jpg

馬車道の抽選会に参加しちゃったよ~~~!!


yahooニュースのトピックスに出てたタワマン・・・その日に見に行って今日申し込んでしまいました^^;


武蔵小杉の58Fの見た目がかっこいいタワマンは、私的には親が自転車で来て子供を連れて帰って行ける距離なので結構乗り気だったのに対して、はじめちゃんが全く乗り気ではなく、

今回のタワマンは、横浜市出身のはじめちゃんが乗り気で、私がそこまで・・・という感じで、

結局お互い地元が好きなんだねという話。



もちろん子供の学校の都合でもうちょっと大きくなったら都内へ引っ越す予定だけど、投資兼ねて抽選に応募したけど、倍率的に当たるかどうかな~という感じ。


IMG_9297.jpg


8億円の部屋もあるだけに、駐車場はほぼ外車だらけ~年配富裕層が多い印象。
2人暮らしの人が多いらしい。


当たるかは明日わかるみたいなので、時間があったら抽選会のくじ引き観覧しに行こうかと思います。

テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 18:53 |  つっこママとはじめちゃん |   |   |  page top ↑

行きたくない

ゆの吉が、帰りの車の中で突然、

「先生何言ってるかわからないから休みたい」と言ってきた。



この3ヶ月、最初の日に学校で泣いた以外は、毎日嫌がることなく、むしろ今まで通っていた幼稚園ではなく今のスクールに行くと本人がずっと言ってきたし、一見順調に見えていたゆの吉の新しい学校での生活。

他の日本人のお母さんから、「うちの子は最初は3ヶ月もイヤがって大変だった」とか、「うちは1ヶ月」と聞いていて、
ゆの吉は嫌がるどころか、楽しんでて環境に慣れるのが早くすごいなーなんて思っていた中で・・・


今の学校に行くという言葉を信じて、先週幼稚園には退園の手続きを済ませ、12月の最終日に最後のご挨拶をと、幼稚園の計らいで登園を許可してくれて、1日幼稚園に通える事になっていた。

先生や子供たちへのプレゼントを一緒に購入し、最後の挨拶の言葉も本人が考えていた。


しかし、ここにて今の学校を休みたいと。

毎日今日は誰誰と遊んだとか、色々話してくれていたのに・・・。

確かに、実はここ最近3回ほど、学校でお漏らしをして帰ってきた。

朝の送迎時、日本人の女の子に「この前ゆの吉は2回もお漏らししたんだよ!」と言われ、黙り込むゆの吉。

その時は「最近体調が悪かったんだよー、○○ちゃんは体調平気?」と彼女に言って彼女がいなくなったら、「お漏らししても大丈夫だよ、ママなんてもっと大きくなるまでしてたよ。でもおしっこでなくても外遊び前にトイレ行くんだよ」とは言った。


学校の後の習い事の日にお漏らしが続いたのでその習い事をやめた矢先。


全て会話は英語だし、プログラム内容も日本の幼稚園とは全く違い、日本の先生のように何かを察してくれたり、子供扱いをする事はないので、日々何かあれば自分が伝えなければ伝わらないという環境。当然、言葉がわからないのはストレスだったはず。

お漏らしだって、先生に言わないと伝わらない。言えずにそのまま濡れた状態で帰った日は、英語でお漏らしをしたという言葉を教えて自分で伝えるようになった。


今までは新しい環境に慣れる事に精一杯だったけど、徐々に英語にも慣れて、わかる英語とわからない英語の区別がつき始めて、次の段階に入ったのではないかと思う部分もあるけれど、はじめちゃんと話し合って、環境が変わって色々ストレスもあったんだろうねと。


人間関係も、異年齢クラスなので、上の年齢や同じ年齢の日本人の子たちに「塗り絵が下手くそ」と笑われるのが嫌だと言っていた。(塗り絵は授業で毎日やる)
外国文化の中で、変なところで他人をけなすという、小さな日本人同士の日本文化があったりで、英語ができないストレスに加え色々複雑な環境。人と比べて他人をけなす環境が嫌だから外国文化にいれたのに・・・。日本にいる以上、どうやら避けれない問題らしい。とは言え、言葉が通じる子がいるお陰で沢山助けられている。

私が保育園時代、保育園に行きたくないなんて思った事がなかっただけに、転園はゆの吉の人生にストレスを与えているようで申し訳なく感じた。また送迎や待機の日々のストレスで、私もヒステリック気味で、真摯に向き合っていなかったと思う。


ゆの吉が私に行きたくないと言ってくれた時、「わかるー。今まで3ヶ月ちゃんと行ってて偉いよー。ママも英語の学校行った時、最初は全然先生が何を言ってるかわからなかったから悩んだんだよ。でもゆの吉はちゃんと行ってて本当に頑張ったし凄いよ。小さい時にママだったらとっくに行ってないよ」

と言ったら「ママも?」と話になり、食いついてきた。

家に帰り、(普段は食べさせない)アイスを食べて自分にご褒美をあげよう!という話をしたら、

ゆの吉も共感されてすっきりしたのか「明日学校いく」と言い出した。



子供なりに、自分の世界の中で、ストレスだったり悩んだりしてるんだなと思うと、親である私が自分のペースに合わせようと叱って子供にストレスを与えるのはいけないと再認識した。

私が子供の頃、色々悩みもあるのに、家に帰れば常に叱られたりで居場所がなくて寂しかった。だから親となった私が彼らのオアシスにならなければと常に思っていたのに、自分のストレスがあると、「早くして!!!」とか、「いつも言ってるでしょ!」と責めたり。


わかっているけど、日々時間に追われた生活をしているとなかなか難しい。

しかし今回のことで、もっと子供を受け止めて認めてあげることをしようと思った。まだまだ足りない。



親になって4年8か月、子供が成長するとともに、自分が犠牲になっている感じがしてイライラしていた。

私の親に言えば「親なんて子供の為に犠牲になるのは当たり前」とか言ってくるし。


でも私は、犠牲になるっていう言葉がまずおかしいと思う。

一緒に成長して一緒に未来を楽しめるように、ちゃんと心に寄り添える親でいたい。
この先も、何かあったらサインを出してくるはずだから、それを見逃さないようにしないといけないと思う。

日本で問題になっている子供の不登校や自殺、うつも、私は家庭内で必ずサインを出していると思う。しかしそこで日本の親にありがちな「頑張れ」とか、「みんなちゃんと行ってるんだから行きなさい」というのは違うと思う。なかなか簡単に明日から行かなくていいよというのは難しいけれど。

日本の犯罪の6割が家族間トラブルと以前本で読んだけど、親が子供を追い詰めてきた経緯から、子供が親を殺してしまう事件に発展してしまうとか。

我々日本人は我慢するのが当然、美徳という文化があり、弱音を吐く事や本音を吐くことはいけないかのように錯覚する。

悩みがあればそれを家族内に言える環境に常にしていかないといけないと私は思う。


4歳児でも、色々ストレスだったり、人間関係の悩みがきっとあるのだろう。私がまだ子供だからという考えでいたら、きっと子供の心を苦しめる事になるのだろう。


まずは私のストレスを軽減できるように、自分らしさを保てるようにすることから始めることにした。




テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 00:08 |  ゆの吉関係 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
10歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。