NO 戦争

NO 戦争。


わんこブログなのにすみません。しかし自分たちにとって重大な事なので書きます。


再度言いますが、私は右でも左でもない、国境も関係ない、ただの世界平和主義です。
子供の頃から願い事をする時は、1番最初に世界が平和になり、世界中の人が幸せになるように祈ります。
祖父の兄弟が戦争で亡くなっているのです。これは大人になってから知った事ですが。




法律に詳しい有識者や日本弁護士連合会などで言われている事は、今後の流れとして


来年の通常国会にて国民安全保障基本法審議(この内容は集団的自衛権の行使) →日本は戦争ができるようになり、国防軍ができる→ 戦前と同じ→ 特定秘密保護法により、媒体等は、日本が戦争をしかけようとしている、あるいは起きようとしている事等書けない、書くものは逮捕 →戦争反対運動はできない、しても市民団体などはテロ扱いで逮捕者続出 →逮捕されると最高懲役10年  →逮捕者続出してても秘密保護法でその事は国民は知らない  


集団的自衛権の行使で、911の時のように日本ではテロの危機が一気に上がるでしょうし、例えばアメリカが北朝鮮に攻撃をしようとしている際、日本が集団的自衛権を行使しようとすれば、攻撃前に攻撃する。
そうなれば日本vs北朝鮮の戦争になりかねない。特定秘密保護法で、その事を国民は知らない。
先日日本版NSCの法案が発足され、これはまさに戦争司令部です。この内容も当然秘密保護法で国民は知らない。
今戦争反対の人などを取り締まる共謀罪の準備も進めているとのこと。



特定秘密保護法、国民安全保障基本法は、施行されてしまえば司法ではどうすることもできないとのこと。民主主義の実質破綻。
第三者機関なんて、はっきり言って意味をなさないですね。
政府にとって不都合な話は秘密にでき、60年は公開しなくてよいし、30年後には資料を隠滅していい。 


大きく法律が変わろうとしている、
ここまでの流れをどれだけの国民が知っているのでしょうか。


恐らく、情報に対して受動的な人は現状ってわかっていないと思います。

有識者や日弁連などの反対が激しいのは、国民への情報提供の場がないというのもあるでしょうね。






戦争したい人って、どの位いるのでしょうか。

一部の人の思想や利権の為に犠牲になりたくないです。



そもそも特定秘密保護法や安保、TPP、原発、日中韓の防空識別圏にしても、全てアメリカの利権が関わっているわけです。


実質憲法9条の改憲と、敢えて曖昧な内容の特定秘密保護法。まさに戦前体制。




戦争を身近に感じ、すごく恐ろしくなった。




私の祖母は、私の祖父の兄と結婚し、一児をもうけるも戦死。その後私の祖父と結婚しました。
なので、私の父と、父の兄は父親が違います(一応血のつながりはあるけど)。戦時はよくあった話だそうです。

そんな悲しい時代が日本に再び来ませんように。




来年の国会での審議、国民安全保障基本法、要注意です。



テーマ: 秘密保護法案 -  ジャンル: 政治・経済
by つっこママ  at 02:25 |  その他 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
10歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電