思い出す話

書くか迷ったけど、書くことにした。



原発絡みを書くと、原子力ムラから圧力がかかるし嫌がらせを受ける。
それだけにあのマンガ家の方はすごく勇気があるし尊敬する。

毛が抜けたり、鼻血が出た等の某有名報告ブログは色々な嫌がらせなり圧力で強制削除されてたし。



12月頃に知り合ったママさん、福島の郡山市に住んでいたのだけど、事故後、子供が急に鼻血を出すようになり、これはヤバいと思い新潟へ母子避難し、建てたばかりの家は人に貸し、旦那さんと合流して横浜で暮らすようになったと言っていた。

鼻血が出るようになったという話はママさんたちの間では聞く話だったそうで。




かつてはこんな事も記事になっていたのに


111


今ではこぞって否定。


放射能の影響は人によって受けやすさが違うし、別に鼻血が出る人がいてもおかしくないし、
福島に限らず被曝問題は今すぐわかる話ではない。



しかし閣僚やメディアに出てくる俗に言う御用専門家は鼻血と被曝問題を躍起になって否定。


宇宙飛行士は被曝により鼻血が出ないような報道をマスコミはしているけど、パイロットや宇宙飛行士が受けるのは、自然被曝の外部被曝だけよね。


最も身体に影響を及ぼすのは内部被曝。原発事故は内部被曝が深刻なわけで、なぜそれを報じないのだろう。





そこで思い出すのは2011年10月にマレーシアに行った時の話。


ホテルのバーのパーティにちゃっかり参加させてもらった私は、そこにいたフランスのジャーナリストという方から言われた言葉。


「数年後に、原発事故後の影響を政府が隠ぺいや否定するような行動を取るから注意すべきだ。」



私が特定秘密保護法を反対しているのは、もちろんタカ派の首相と中国との軍事衝突を懸念しているものもあるけど、

原発問題にしても、秘密保護法はいくらでも秘密にできてしまう。恐らく、あの時のジャーナリストの話が潜在的にあるからではないかと思う。



チェルノブイリの事故後も、秘密保護法のようなものができたと聞いた事がある。




そのジャーナリストは、事故から数カ月後ということもあり、話がヒートアップし、

私にはわからない言葉が多かったのと、さほど興味ある話ではなかったので適当に聞き流していたのだけど、今思うとIAEAという機関(国際原子力機関)の真実を色々教えてくれていたのだと思う。



その人からアドレスを教えてもらったのだけど、なくしてしまったのがすごく残念。




言論弾圧、言論統制と言われても仕方ない。はだしのゲンの閲覧制限は記憶に新しい。

世界情勢と日本。歴史は繰り返す。最近こんなことも思うようになった。






by つっこママ  at 00:00 |  その他 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電