有名な言葉

ヘルマン・ゲーリングの有名な言葉


もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。とても単純だ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ



日本もアベ氏により排外主義が加速。


毎日海外のニュースを見ていると戦争のニュースを目にするけど、
日本では実際戦争が起きている国の事を報じていないのだから、身近に感じないのだろう。
私が新婚旅行で行ったシリアは今も毎日たくさんの人が死んでいる。

首相官邸前には大学生含め若い人も多く、6万人きていた。

子連れと言う事もあり、結構な数の新聞社の人から取材を受けるのだけど(朝刊に載ってたり)、よく聞かれるのは

集団的自衛権が容認されたということは徴兵制が復活されていくわけですが、
息子さんをお持ちのお母さんはどのように思われますか?




戦争になったら自国を守らなければならないだろとかいう人いるけど、それって個別的自衛権の話ですから。

世界からしたら、周辺諸国に緊張を走らせているのは日本。

この世界情勢だからこそ、守り続けた憲法を守ってほしかった。

でも、これからは日本に恨みもない国の人を自衛隊が殺しに行って、その反感を日本国民が買われる。



治安維持法の時も、当時は「国民に影響はない」と伝えていた。

特定秘密保護法でも、集団的自衛権でも、「国民に影響はない」「戦争に巻き込まれる事はない」と言っている。

世界に向けて「状況はコントロールされている」と、言っていたアベ氏。
報道されないだけで今も毎日放射能が2億4000万ベクレルが放出され、汚染水は毎日今もダダ漏れ。
福島では、行き場が決まっていない除染した高放射線のゴミが庭などに放置。

何でもかんでも「風評被害」という言葉で片付ける。



ウソを簡単に言える人を信用できるわけがない。






by つっこママ  at 13:02 |  その他 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電