とうとう肥満細胞腫

つっこの耳の中にできていた腫瘍(→その時の記事はこちら)が、若干大きくなっているような?いないような?わからない。
2年位前からあり(問題なしのものだった)、その時は真っ白で小さかった。しかし前々回のかかりつけ医で細胞診をして以来、なんとなく赤い。

あと、最近吐く事があったので、肥満細胞腫だと胃に影響が出る事があると書いてあったので気になった。


昼間用事があって疲れていたのだけど、気になったら即行動ということで、腫瘍認定医がいる病院へ。


腫瘍の獣医界の権威者、麻布大学の信田先生の予約は、動物病院の紹介で予約をしてもらうのが前提で、今予約が2ヶ月半待ちとのこと。人間で言えば8ヶ月以上待ちか


一時預かり保育は空きがなかったので、仕方なくゆの吉も連れて、1時間30分の車内


1IMG_4000.jpg


ゆの吉が大泣きで地獄のようだった~



病院につくと大騒ぎで


1IMG_4003.jpg


ゆの吉はいたずらしまくるし、すぐいなくなるし、先生との会話が全然集中できなく大変だった


耳の中の腫瘍は肥満細胞腫確定。先生も、腫瘍が大きくなったかわからない程だったけど。

所見では恐らくグレード1だろうとは思うけど、もしグレード2だった場合は抗がん剤等別の方法もやると。


1週間後の手術と入院の予約。


しかし予約はしたものの、病院帰りに色々考える。

高濃度ステロイド療法を先生は知らなかった。

最近歯科医師と知り合い、色々業界話を聞いていたのだけど、その話を思い出す。


もちろん、手術をするならこの腫瘍認定医の先生がいいと思っているし、普通の病院よりも断然腫瘍に関して詳しいので信頼を寄せている。


パグの場合は大体多発性肥満細胞腫。切除しても新たにできて繰り返す。

前回肥満細胞腫疑惑の時に信田先生の臨床結果の話を思い出す。

はじめちゃんと話しあった結果、信田先生の予約に2ヶ月半は待てないので、
せめて先生の治療法をやっている教え子の病院を教えてもらおうと信田先生に直接電話。


以前病院にかかった時、何かあった時にと携帯電話を教えてもらっていた。



事情を話すと、先生につっこの状態について色々聞かれる。最後に紹介してほしい旨を伝えると、

信田先生は、自分を頼ってくれたというのに診ないわけがないだろうと、縁をつないでくれた。


今週先生に診てもらえる事になった。

信田先生は、本当に動物の事を考えている人だからこそ、その地についた人なのだと思った。


テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 20:51 |  肥満細胞腫 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電