息子をお持ちの方は・・・



息子がいる方は、将来ある程度覚悟をした方がいいようだ。


俗に言う、「息子が取られた」というのはいつ体験するのかというと、どこかで相手に対して不満を感じた時のようだ。
あるいは、親同士が会った時。

私が結婚した時も、両家顔合わせの時に、はじめちゃんのおじさんとおばさんは同じ様にうちの親に「取られた」と思ったようでショックだったという話を聞いたし、他からもそういう話を聞いた。


私は嫁側の立場なので「ふ~ん」って感じだったけど、

いざ息子を持ってしまった私、うちの母を通してまたまた将来の自分をみている。



彼女を紹介する前は、大事な息子が選ぶ人なんだから、きっといい子が来るに違いないし、例えどんな子でも受け入れたいし、娘のようにかわいがろうと思う感じ?


彼女を紹介された時は、寂しさ半分、ほっとするのが半分、相手が自分が想像する子とは違かったとしても、受け入れるしかないし息子が幸せになるならそれでいいじゃなか、幸せになって欲しいという感じ? この段階で不満が大きすぎると、やはり取られたという人も。



しかし親同士が会う、これはものすごく重要のようだ。

相手の親を知るということは、彼女がどのような子で、どのように育てられたかもわかるから。親は子の鏡。


相手の親がどうか。

子供が生まれれば、普通男性は、自分の実家より奥さん側の実家に行く機会が多くなる。相手の親に息子を取られたように感じるのかも。

自分たちとはあまりしていない、例えば相手の親と頻繁に会って食事にいくとか、自分の息子と親身ですというのを聞くと、息子を取られたような複雑な感情を抱くらしい。 ←はじめちゃんちはコレ


さらに問題になるのが、相手の親との価値観の違い。


今回弟の彼女の親の考え方は、自分たちも勉強はしてこなかったし、人生に勉強は必要ない、高校は行っても行かなくてもいいし、とにかく娘も息子も自分の好きに生きればいいという考え方。向こうのお母さんは、女は男に食わせてもらうものという考え。


一方、うちの親は、自分たちが苦労した分勉強の機会を大いに与え、子供が興味を持った事は自分たちが犠牲になってでもやらせたいという考え方。また、母は自分で稼いでそのお金で美味しいものを食べたい人。

ただのママ友同士なら、教育の価値観の違いで別に仲良くならないで済む話なのだけど、子供の結婚相手となると大変だ。お互い、自分たちの信念で子育てをしてきたので、共感できる部分が全くないのはかなり厳しい。その人の子供が結婚相手なのだから。


色んなギャップが大きければ程、親は悩ましく

しかし、愛する子供が結婚したいというのだから、それを受け入れるしかない世界


親にとって、結婚しなくても心配だろうし、結婚しても、色々心配はつきものなのだ。


自分の娘や息子が、いい人見つけて結婚したな~と思えれば別なんだろうけど。




以前ブログに書いた、私のいとこの3兄弟を育てたおばさん。


「やっぱり女の子よね~」なんて、ちょっと前に言っていたのだが、今では涙を流しながら「息子には本当に毎日感謝」という。

おじさんが亡くなった後、息子たちは寂しくないように実家に帰ってくるのだ!

特に二男の夫婦は毎週会いに行き、おばさんに毎月お金も支援しているという。

この二男夫婦、恐らく奥さんができる人でしっかりしているからだと思う。  ←私も尊敬している人


じゃなかったら、男性側から「お金を支援する」なんてなかなか言えないし、言ったとしても、奥さんがそれを許すかどうか奥さん次第だし。お金って夫婦関係に影響をもたらすから。


男性って、あまり実家には帰らない人も多いから、だからこそ奥さんが実家に行こうって誘って行きやすくするものかなと・・・



1番いいのは、自分の息子が頻繁に自ら家に帰る子にすればいいのね~。


息子をお持ちのお母様は、息子を取られたという喪失感は大なり小なり体験するそうなので(祝福できる相手なら別なのかもしれないけど)、今から心の準備を~


自分が想像する結婚相手像にギャップがあればある程、喪失感は大きくなるようで、鬱っぽい症状が出る人もいるらしい。特に1人息子をお持ちの方はご注意よ~








テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 00:47 |  ゆの吉関係 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
10歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電