長時間労働



電通の長時間労働が報道されるちょっと前に、はじめちゃんの職場でも労働局から行政指導が入ったのは以前ブログに書いた通り。

残業時間を少なく申告するよう職場では指示されていて、残業100時間は当たり前だった中、突然一部の人を除いて残業規制。長時間労働は、電通に限らずごく当たり前の企業はいくらでもあると思う。


とはいっても業務内容は変わらないので家でやったり、規制時間を過ぎてもそのまま職場でやったり。

しかし、仕事頑張ってます、残業もやっていますという職場での空気はだいぶ解消されたようで、さらに行政指導が厳しくなり、電通の方の自殺は、社会に影響を与えたのかもしれない。



帰宅時間が早くなったはじめちゃんはどのように過ごしているかというと、再び財布作りを再開



IMG_5292.jpg


大きなプロジェクトが一段落したというのもあるけど、

まず睡眠時間が確保されたことで、メンタルが健全に

長時間労働は、本当に心を蝕んでいたんだなというのがよくわかる。家には寝に帰るだけ。今まではじめちゃんの仕事っぷりと鬱っぷりは書いてきたけど、金曜早朝に仕事に行って、土曜日帰宅できずそのまま働いて、日曜日の昼に帰宅でほぼ寝ていないという事も普通にあったり、一時は睡眠不足過ぎなせいか、たった1日で白髪がどっと出て来たことがあった。(しかし不思議な事に今は戻った)
何をしても楽しめないといい、このまま死んじゃうんじゃないかとか言い出す。

はじめちゃんのお父さんから、過労死の証拠として帰宅時間をメモした方がいいと言われたこともあった。誰が見てもヤバかったはじめちゃん。



はじめちゃんは職場でMVPに選ばれ表彰されているのだけど

本来なら自分の評価として自信につながりそうだけど、長時間労働をしてるからこそ、表彰されていると思い、その地位をキープするにはさらに労働しなければならないという焦燥感。喜ぶどころか逆に自分を追い詰めていった。正常な判断ができなくなっていた感じ。


しかし、最近睡眠時間が確保できただけで、前向きに受け取れるようになった!


考え方1つで人生は変わるのだけど、その考え方を変えてしまうのは、睡眠不足だったり、余裕のなさだったり、仕事に限らず、何か物事に支配されてしまうその環境。例えば育児だったり、介護だったり、病気だったり・・・

余裕のなさは、人のメンタルや健康を蝕むのだなとつくづく思ったのでした。




はじめちゃんの話に戻すと、泳げるようになりたいと、スポーツクラブのレッスンに通い始めた。

気持ちが変わると行動が変わり、また自分の健康にも気を配る余裕も出てくる。



何か1つの考えに支配されない生活を送りたいなと思っている次第です。


でも、自分が渦中にいるとなかなかそれも難しいのも現実なのだけどね(><)


次出世すると、残業規制が再びなくなるので、家族としては、出世しなくていいから今のままでいて欲しいと願うばかり。

ってはじめちゃんに言ったら、「出世を断るとかなくない?」と言われ

でも、自分の命が一番大切だよね





テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 00:13 |  つっこママとはじめちゃん |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電