肥満細胞腫



肥満細胞腫の可能性ということで、

最短の11月8日、麻布大学の腫瘍科に紹介状をいただいた。


わんこの2週間後って、だいぶ長い・・・



その日に手術できればいいけど、どうなるかわからないらしい。そうすると益々先延ばし。




つっこの場合、取れにくい場所だからもしこれが癌だったら取り切れないし、

パグの麻酔のリスクを考えると本当に辛い・・・




細胞診では血液と混じってしまい、ちゃんと取れなかったらしい。

肥満細胞が存在したが、それが炎症によるものか、腫瘍のものかわからないらしい。
副院長を交えて話したが、パグなので怪しいとのこと。



なので、鎮静剤から覚めて私のもとへ来た後も、もう一度やらせてほしいと言われ針を刺したけど、
また細胞が取れなかったらしい。


その間つっこの泣き叫ぶ声が・・・

鎮静剤の意味、あったんだろうか。それに何度も刺激すると癌なら余計活発化するから良くないのに




最初から別の先生(若手)ではなく、いつもの担当の先生の元へ行けばよかったなと後悔。

やはり信頼関係は重要だ。

でも、いつもの先生が肥満細胞腫を見つけ得るかはわからないし。




とりあえず、肥満細胞腫が確定できなかったけれど、グレーゾーンなのは確か。

グレーゾーンで麻酔をする手術をするのはなんだかなぁ。リスクが伴わなければいいけど、

どうしても麻酔は気になるし。でも癌なら時間はないし。


ちゃんと専門医に診てもらえる大学病院まで待ち遠しいな。


つっこは鎮静剤で終始ぼーっとしていて、後ろの足が立っていられず




1IMG_6690.jpg





食後は寝ています


1IMG_6692.jpg






私にできる事は、調べると麻布大学の腫瘍科には信田先生という有名な先生がいるので、

その先生にお願いしたい旨を伝える、そして、麻酔のリスクに備え、体重をこの2週間で

少しでも減らす事。

そして何より病気に関する知識をつけること。



こんな時に限って、はじめちゃん激務だから連絡が取れないのは辛い


by つっこママ  at 19:08 |  肥満細胞腫 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電