日本動物高度医療センターの見解

今回は、病院の紹介状がないと行けない、2次診療先である日本動物高度医療センターの腫瘍科に行ってきました。2次診療先なので普通の病院よりも専門的。



この病院での見解



わからない

全く肥満細胞腫でないという確証はないし、だからと言って肥満細胞腫だという証拠もないのでわからないとのこと。



うーん。高い診察料払って、予約を待ってわざわざ朝から来たというのにこの回答にはちょっと不満


でも、肥満細胞腫の疑いと言う言い方よりは、病気を肯定も否定も確定できる証拠がないから、自分たちではわかりませーんと言ってくれる方がずっと楽ではあったのかも




しかし、こんなことを言っていた。


例えばもしこれが肥満細胞腫だったら、今ステロイドを飲んで様子を見て一時的には消えたとしても、

またすぐかもしれないし半年かもしれないし1年後かもしれないしいつかわからないけど、同じところにできものができる。

あるいは、近くだったり他のところにできる。

その時は、今よりも肥満細胞腫が増殖して根を張るので、今よりも悪化する。

もしつっこが肥満細胞腫だったら、今日という日を思い出すには違いない。





なので、もしできものに関してステロイドを使った事があるわんこの飼い主さんは、

通常よりもできものがないかチェックが必要ですね。


そしてこんな事も言われた。



パグを迎えた以上、肥満細胞腫はどの子でもあり得るから、できものができたら病院へ行って細胞診。




でも、細胞診をすれば普通は大体すぐ肥満細胞腫かがわかるらしいけど、うちみたいに

ただの炎症なのか、それとも細胞腫なのか2次診療先でもわからないとなると、飼い主的には疲れてしまう




恐らく、麻布大学に行っても同じ回答なのではないかと思ってる



そしてつっこの足は、昨日靴下を履かなかったせいか、ちょっと赤くなってしまった




昨日の散歩で会ったパグのごんちゃん。

近所のパグさんで、ママさんはうちの母より年上の方で、会えば一緒にお散歩するし

親しくさせてもらってるんだけど、ごんちゃんは1年前肥満細胞腫ができて以前手術で取ったんだけど、

その後、数か所に細胞腫と思われる発疹が出たりひっこんだりしているの。元々グレード1(進行が遅く
悪性度で言えば一番下)だから

話を聞いてる感じだと出たり消えたりの繰り返しでママさん気にはしてチェックも念入りだけど放置してるの。
本当は取った方がいいんだろうけど、多発性の場合はきりがないしどうなんだろ。





ところで、今日病院ではとっても小さなヨーキーちゃんが病院に来ていたので

まだ赤ちゃんですか?って話しかけたら、700gなのに2歳だというの!



でね、お互い何で病院に来ているのかという話になって、そのヨーキーちゃん、

ワクチン接種によって脳炎になってしまったんだって



私が留学中に猫ちゃんにひっかかれて、念のため狂犬病のワクチンを打ったのはこのブログでも書いたけど、
打ってから体が本当にだるかったのよ~



わんこは毎年狂犬病や何種かの混合ワクチン接種が必要だったりするから、人間よりさらにリスクはつきもの。



人間でもワクチン接種って色々問題になってるけど、わんこもちゃんと慎重に制度を見なおして欲しいな





テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 13:30 |  肥満細胞腫 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電