最近のアピール法

この夏、つっこ嬢は、なぜか夜中の2時30分ごろになると急にハアハア言い出す。

しばらくすると自分の体を搔きまくって、ハアハア&カキカキ音で私たちを起こすようになりました



1IMG_8167.jpg



2時30分に起きてごはんくれアピールをしてくるので、最初はボケたのかとビックリしたけど、

いつもなら朝5時ごろになるとカキカキ音でご飯をあげてたはじめちゃんが、一度夜中の2時30分頃のカキカキ音で寝ぼけてあげたのがきっかけのようで、それ以来、つっこは2時30分に起こすようになってしまいました


最初は朝5時まで・・・と我慢した日もあったけど、ずっと響くハアハア&カキカキ音に負けてしまい、はじめちゃんがその時間にご飯をあげるようになってしまい、つっこの朝ごはんは夜中の2時30分ですよ



興奮している感じではないし、ハアハアいうので暑いのかと思っていたけど、本当に暑かったらエアコンの近くにいくし、その時間になるとやりだすので

暑くもないのに、

1IMG_8171.jpg


夜中独り言を言ってる恐い女子です。


吠えない代わりの新しく加わったアピール法。



わんこがするパンティングって、自分で意識して出せるものなんですかね?そんな事もあり得るのか?!


つっこを迎えて10年になろうとしているけど、新たなる発見でした


というか、毎日夜中に起こすのやめてくれ





テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 22:53 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

この数か月を振り返る~

1IMG_7175.jpg


もうすぐつっこの10歳の誕生日ですが、今年の健康診断は今までの中で数値が1番良く、ほぼ正常範囲だった!
しかしやはり高齢によるのか免疫力がつっこママ同様下がっているようで、皮膚トラブルだったりストラバイトになったりと、色々出てきていますが、元気です


11IMG_7169.jpg

夏休み中なので、つっこも大変ですよ^^;


最近は、白内障の目薬を個人輸入して使っていたり、がん予防にAHCCのリキッドを使ってみたり、
口内環境の為に乳酸菌のデンタルパウダーを使ったりと、健康維持の為に色々やっていますよ






まだちょっと寒かった3月

1IMG_6671_201708051055512e0.jpg


さとのりさんとまくらんさんと会ったり


1IMG_6678_20170805103643cc5.jpg


つっこより年上ワンズが歩くのが早い~

1IMG_6680_20170805103642713.jpg



4月には、つっこの異母姉妹のあんこちゃん一家と会いましたよ


1IMG_6892_20170805103641fd7.jpg


1歳上のあんこちゃんも、元気でした!

1IMG_6941.jpg


子供同士が仲良く一緒に遊んで楽しそうでしたよ!


1IMG_6921.jpg



5月頃は、目黒近辺を探索して住みやすい街かどうか、公園に行ったり

1IMG_7030.jpg


母の日にプレゼントをもらいましたね

1IMG_7116.jpg



ゆの吉の工作教室のイベントが、銀座の街並みで行われたので来たり

1IMG_7087.jpg


5月頃から、本格的に私の喘息の体調が悪くなりましたね今までいくつかの病院に行っていたけど、先週大病院に行き、どうやら原因がわかりそう


国学院大学の、蜂からはちみつを作るイベントに参加したり


1IMG_7155_20170805103713cfe.jpg


1歳児でも参加できましたよ!すごーい。


ゆの吉はというと、週2回のスイミングと、ちょっとした体操教室に行っているせいか、いや、ベッドやソファーでトランポリンしているからか?!ちょっとずつ身長も伸びてきました!もちろんせっせとタンパク質を食べさせてますよ。相変わらず月齢平均よりは低いんだけどね^^;幼稚園のお祭りにて~。左から2番目

1IMG_7990.jpg


園バスの子たちと一緒に。とっても仲が良いのだけど


実は、9月からインターナショナルスクールに転園・・・予定。日本人もほぼいなく、日本語を話せる人が学校にいなく、全く意思疎通ができない環境で、人格形成に影響が出たらどうしようと思ったりと、ちょっと決めかねている部分もあるのだけど・・・。

1IMG_8009.jpg


1番は、親の私が大丈夫かという点英語もだけど、送迎に全部で6時間1度家に戻って、再び迎えに行くから時間が倍
しかしこれを逃したら、もうチャンスはないので、一応幼稚園には数か月籍はおいて、いつでも戻れる機会は確保しつつ、国際力を身につける機会を得たいと考えています。まだ誰にも言っていないんだけどさー。


7月にはみー子の2歳の誕生日でした!

1IMG_7167.jpg


2人目ともなると、祝う場所も適当になってペコちゃん(笑)
子供はペコちゃん好きで興奮してたし、写真撮ってくれていい思い出が~!
誕生日祝いにずっとペコちゃん人形は出ずっぱりで、おめでとうのアナウンスもずっと鳴りっぱなしでした




ゆの吉の恐竜好きは変わらずで、幕張メッセの恐竜展に行ったり、色々連れて行ってます

IMG_8072.jpg




はじめちゃんの仕事でのメンタルが弱って、夢の国のディズニーランドにはじめちゃんの為に行きましたね


と、特に変わらない生活でしたが、またブログ再会したいと思います

テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 11:10 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

書きまーす!



お久しぶりです。

つっこ家全員元気です!もちろんつっこも元気ですよー!

みー子も気付いたら先日2歳になりました。よく話すようになり、今ではゆの吉とぶちあいのケンカまでします。。。


写真が多過ぎてパソコンが使えなかったというのもあるので、整理してまた始めます。


日々の育児ストレスと疲れで私の体調が悪くて、いくつもの病院通いでした。免疫力低下で、副鼻腔炎喘息というものになってしまい、副鼻腔炎に初めてなってやっと治りましたが、今も喘息の発作で苦しんでいます。。。
それに毎月カンジタになるようになり、先生にもストレスをなくして免疫力上げないと!と毎回言われるけど、色んな病気でストレスも増す始末。。。
子供が成長して活発になってなっていくほど私の体調が悪化。さらには半年以上前から膝を悪くして、体調が思うようにならなくメンタルもやられて、ブログどころではなかったのですー。


体調不良は健全な心も蝕んでいくんですね。
本調子ではないけど、

そろそろ復活しまーす!
テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 23:20 |  未分類 |   |   |  page top ↑

1ヶ月ぶりの更新^^;



1ヶ月更新していませんでした~。来てくださっていた方、すみません
やる気はあるんだけど、なかなか時間がとれなくてねぇ


平日はやっとお弁当持ちになったので、更新する時間ができました


もちろん、つっこは元気ですよ~!


1IMG_6990_2017042010183508d.jpg


最近はひげまで白髪が生えて、今C-NACという白内障の目薬を個人輸入の会社を通して購入しています。
良くなるといいけど・・・


最近は暑いので、はじめちゃんが朝の早朝散歩に行く事で昼間はぐっすり。


1IMG_6993.jpg


3月頃は、大して食欲もなく散歩もあまり行きたがらなかったのだけど、4月になったら、散歩に行きたガールとなり、
テーブルの上に置いてあった子供たちの食べものを盗み食いする食欲に戻りました

歳とともに、季節の変化で影響が出てくるようになったみたいです



私の方は、幼稚園生活も2年目になり、私とは無縁と思われたママ友関係の複雑化というものを日々実感しています^^;


幸いなことに私はトラブルは抱えていないけれど、クラス替えをしたことで、皆ママ友トラブル警戒態勢に入っているようで

色んな情報やら噂話も入ってくるようになり、ママ同士のトラブルの話も耳に入ってくるので正直こわいですね

どうやら年中辺りから、噂話が本格化するみたいです(笑)

ゆの吉がプールに週2通うようになったり、体操教室にも行きだしたので、どうしても同じ幼稚園の子たちがいるので、
子供が終わるのを待っている間に当然ママさんたちと過ごす時間が増えたので、自分の身の振り方を再度見直す事にしました





テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 10:34 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

衰えを感じるこの頃



3連休初日、皇居前で散歩することに


1IMG_6836.jpg


ランニング中の人が多いので、危ないので敷地内で散歩すると、2人が砂利遊びを始めました


1IMG_6851.jpg


ポケットに砂利を詰めるゆの吉をみて、なんでも兄の真似をしたがるみー子

1IMG_6853.jpg


つっこは、2人が一緒に来ないと前へ進みたがらないので、仕方なく2人を待つことに・・・


1IMG_6854_20170319083050c5e.jpg


全然前へ進む気配がないので


1IMG_6863.jpg


先に行っちゃうよ~~と進んでいくと、ゆの吉がみー子を呼んでくると言ったが

1IMG_6870_20170319083049ef7.jpg


自分では無理だったらしく

1IMG_6872.jpg


仕方なく見に行くと、兄の心配も気にせず、熱心に小石を溝にいれていました

11IMG_6875.jpg


1時間30分位?大して散歩していなかったはずだけど、翌日のつっこは、朝ごはんも欲しがらず、

私の存在すら気付かない程。一瞬、息してる?!と怖くなり触ると


1IMG_6880_20170319083109999.jpg


安心しましましたーー

最近、季節の変わり目だからなのか、朝ごはんを欲しいと言わなくなったつっこ。。。

前はごはんくれくれと凄かったのに・・・。全般的な欲求が減ったというか・・・。


明らかに、散歩の疲れが取れにくくなっている。あと、お風呂に入れると体力が消耗するようで、翌日はずっと寝ていたり・・・

寝ている時間が増えてきた。


ここ最近、急激につっこの衰えをすごく感じる。


それと同時に、私の衰えも凄く感じる。まさかの30代で変形性膝関節症になってしまったうちの母が最近患っている病気と同じに~。


お互い労わって老後に向けよう・・・ってまだ早いよ~~!!




テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 09:01 |  つっこの日常 |   |   |  page top ↑

悩んでいたこと、そして4歳を迎え

ゆの吉が4歳になりました


ここ最近、ちょっと悩んでいた話を。


幼稚園の誕生会にて、日常の保育姿を見れたのだけど、私はちょっと考えてしまった。


それは、1クラス30人のクラスで、先生は大体同じ子を「○○くん!こっちに座って!」」とか、「○○ちゃん!そういうことしない!」
と、皆の前で先生は怒る姿。それを見てる子供たちは、あー、またあの子かって感じで、先生のイライラが子供にも伝わってて、子供たちが、よく怒られている子供に対して、なんとなく尊重しない感じ。大人の影響を受けてるというか。
先生も、毎回注意する子には明らかにキツイ言い方で、注意されている子が正直哀れに感じた。


ゆの吉が仲良しの子が、帰りの支度をするのにバッグを出し始めたら、「○○君!今何の時間?ちゃんとこっちに来ないとだめでしょ!」と怒られてて、正直、そんな事でも怒られないといけないの?と。

個人面談で、協調性というものをしきりに言っていたのを思い出した。恐らく、ゆの吉はその日は誕生日だったので特別扱いだったけれど、普段は3月生まれという事もありいつも食べるのも遅く、フルーツバスケットというゲームを皆でやっていたのだけど、まったく意味がわからない状態、整列もなかなかできずにキョロキョロしてるし、日ごろ怒られまくっているのが安易に想像できた。


結局のところ、人数が多い幼稚園のデメリットとして、協調性ばかりが重視されて、個を見られていないんだなと。


年中になると、今度は補助の先生がつかないくなるので、1クラス32人を1人で受け持つようになるため、何かあったらすぐアピールできないと埋もれる。ケンカが悪化して手が出ても、気付かれるのも遅い。

正直、もっと早く保育姿を知れたら良かったのに!!と思った。。。

先生がいう協調性っていうのは、結局のところ大人である先生の都合に合わせる要素が大いにあると、私もはじめちゃんもその保育を見て感じた。



話は変わり、

ある日、ゆの吉の事を抱きしめながら「ありのままのゆの吉でいいんだよ、ありのままのゆの吉でいてね」と言ったら、

ゆの吉の顔が急に曇り「でも、、じーちゃんがわがままって言った」と。それで、泣き出してしまった。

「そんなことないよ、ゆの吉はゆの吉のままでいいんだよ、言いたい事も言っていいんだよ。大人がいう事がすべて正しいわけじゃないし、何が正しいかそうでないかを自分で判断できるように、これからたくさん学んで、自分で判断できるようになろう!
そういう考えの人もいればそうじゃない考えの人もいるし、とにかくありのままのゆの吉が素敵だし、そのままでいいんだよ」と、私自身は動揺し過ぎて、自分が言っている事が正しいのか悪いのかもわからないけれど、とにかく必死に伝えると、

しばらくして泣き止み、遊ぼう!と笑顔を取り戻した。



この前、母が「じーさんは、子供と同じレベルになるから、この前ゆの吉がかんしゃくを起こしたら自分もかんしゃくを起こしたんだよ。その後私がよしよしって慰めたけど」って言ったのを思い出した。その時、まさか怒鳴りまくったの?って聞いたら、そうじゃないけどとはぐらかされた。

子供の癇癪は普通の事だし、もちろん親の方はものすごいストレスだけど、そういったものもすべて受け止めて、子供のありのままの自分を受け止めてあげてこそ、自己肯定感が育むし、自分に自信が持てる子になるというのは色々な児童心理学の本を読んで書かれているし、このブログでも自己肯定感について書いてきた。


私の父親は、孫の事は「孫はかわいい」と人に言っていたし、親以外の身近な祖父母と触れ合って愛情をもらい、できるだけ多くの人から自分を受け止めてくれる経験も、すごく重要な事だと私は考えていて、父自身も、一時預かり保育に預けなくても、自分が面倒をみれると、みー子とゆの吉の2人の面倒を数時間みた事もあったので、安心していた。


でも、今回のゆの吉の事で、正直怒りを感じた。

預かってもらえてすごく感謝しているし、悪かった親子関係も少しは縮まってきたかと思った矢先、やっぱりかという気持ちにもなった。

私の子供時代も、自己主張を両親は「わがままだ」と言い、大人の都合のいいようにさせていたのだろうという落胆。

それを、まさか自分の孫にまでさせるとは。

私が子供の頃「タバコ臭いからタバコやめてよ!」と言っても、「なんでお前のわがままに俺が付き合わないといけないんだよ」と、親に何か言えば、それはわがままで片付けられていたのを思い出した。

また私の父も、厳格な父親に同じように育てられて、個人を尊重してもらえず育ち、負の連鎖というものはこういう事かと実感した。

家長とか、子供は親の言う事は聞くものという、日本の文化背景もあるのだろうが、

子供が子供らしく生きれない、大人の都合に子供が合わせていく生き方こそ、日本人の自己肯定感の低さにつながっていると私は思っている。

人に迷惑をかけてはいけない。この言葉も日本ではよく使うけれど、私はインドの「人に迷惑をかけて生きていかなければならないのだから、人のことも受け入れてあげなさい」という教えの方がずっとしっくりくるというか。


育児を通して、さらに他人への配慮や、人の目ばかりを気にする生き方そのものに自分自身が疲れていることもあり、もっと子供が楽に生きれる方法はないかと思い始めた。



幼稚園の件もそうだし、父の対応も重なり、そして幼稚園生活の1年が終わった事もあり、

私は親として、子供の自己肯定感を育み、個性を尊重し、彼の個性を伸ばせてあげれたのだろうかと考えた。

早くして!が口癖のようになり、他の子ができて自分の子ができない事に目がいってしまったり。個性を尊重するなら、できない事も全て受け止める必要があるのに、他人と比較してできない事を伸ばそうとした時点で、個性を尊重していない事に気付いた。


そして、またはじめちゃんもここ最近、私と似たような事を考えていて、お互い色んな本を読み漁るなど、自分自身がどう子供と向き合っていこうかと模索していた。



正直、最近ブレブレだった子育て。

親としては、自分の子供には教養をみにつけさせてあげたいと思うし、色んな事をさせてあげたい。
将来くいっぱぐれないように、良い大学にいき、医者になったり、など、私たちがどう子供を導いてあげるかを考えていた。
でも、本人がやりたくないというならやらなくていいしという思いは常にあった。はじめちゃんは、良い学校に行くために教育の為に引っ越しをとも考えていたのは過去のブログの通り。そして私もまた、日々の生活に精一杯で、大きな決断はできず先送りするだけ。


しかし、最近2人で色々話し合って、1つの答えが出た。


自分の道を自分で決めなければ意味がないよねと。例えば、

成績がいいからなんとなく医学部に行くとか、親が洗脳をしていった結果医学部に行く人と、
自らの体験やきっかけで志して医学部に入った人とでは、医者になった後の人生がまったく違う。

自分の子供が職やお金に困らなくていいかもしれないけど、ゴールがそこっておかしいと。

物質的な豊かさばかりに目がいっていたけど、私たち親は、もっと子供の心の豊かさ、個性を伸ばしたり
ありのままの自分を好きになって、自信を持たせてあげることで、きっと教養や好奇心を持つことにも繋がるはずだし、
自分から夢を持って、その夢を実現させる為にやりぬく力を持たせる事が重要ではないかという結論に至った。
はじめちゃんは、自身の今までの考え方を否定し出した。


子供が生まれた時は、レールを敷いては絶対いけないと思っていたはずなのに、ついいい学校に行った方がいいのではないかと、そちらの方にブレてしまった。

自分が行きたい道を自分で拓き、その行きたい道へ行けるように応援する事が親だと、改めて思った。
その行きたい道が自分で見つけられるように、できるだけ多くの色んな事を経験させ、自分で選択してもらう。
そうなるには、まず自分を好きになって、自分に自信を持つことが重要。大人に合わせる生き方ではなく、自分をしっかり持ってもらうために、子供時代は、自分らしく生きてもらう事。


私たちも親になってまだ4年で色々模索中でわからない事だらけ、色々なものに流されてしまっている部分が多いのだけど
逆に幼稚園の件や、父の件のお陰で、私自身も変わるきっかけになった。また、フランス旅行に2人で行き、若者の私たちとは違う生き方の話を聞けたのも良かった。


なので、毎日「今日も生きてくれてありがとう!」とか、「ゆの吉がいてくれてとっても嬉しいよ」と伝えるようにして、
そういう事で、また私自身もとっても満たされる気持ちになるというか・・・

きっと、ゆの吉を通して、子供の頃にかけてもらいたかった言葉で癒しているんでしょうね。

そうすると、父もかわいそうな育てられ方をしたんだと思うし、幼稚園に対しても、逆の立場ならちゃんとして!って思うだろうなと思える。



父の件は、私も親に甘えていた部分もあったのだろうと、しばらく会うのを控えようかと。やはり親に近い存在がいう言葉は、子供にとって親に言われたのと同じ位、潜在意識に働いて、自分を自己嫌悪させるきっかけになると思うので良くない。


何かあっても親が子供を全面的にメンタルの面でサポートし、外の世界でこの先色んな傷つく事や困難があっても、
自分に自信が持てる子にさせる事で、困難を乗り越えていってほしい。


私の意識改革につながった親5年目。

あっという間に過ぎてしまった4年。いつまでも何もわからない赤ちゃんではなく、彼なりに色々考えるようになってきた4歳。
戻ることはできないからこそ、1日1日を大切に育て、私たち親自身も、後悔のない子育てをしようと改めて思った。

幼稚園や祖父母というのはあくまで環境の1つに過ぎなく、子供にとって大切なのは親である私たち。


もちろん、日々生活しているとなかなか自分の考えを貫くのが難しいけれど、自分がどうしたいかが見えてきた事で、私自身も楽になった。







おしまい


テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 00:19 |  ゆの吉関係 |   |   |  page top ↑

涙。。。

3月、卒業の時期ですね。


幼稚園の3月生まれのお誕生日会に旅行に行った為に出れなかったのだけど
ゆの吉のお誕生日会を開いてくれるというので、親出席なのではじめちゃんと行ってきました


1IMG_7137.jpg



1週間近く、子供を置いて旅行に行くと幼稚園側に言いづらい&園バスママからも幼稚園には事実は言わなくていいんじゃないかと話になり、
パパが仕事で海外に行くので一緒に行くから、何か連絡事項があればおじいちゃんおばあちゃんへお願いしますと幼稚園に伝えたばっかりに、

腹ペコあおむしの本を、英語と日本語で読んで!と子供たちが先生に言うので、先生が、「先生はできないけど、ゆの吉君のお父さんが英語と日本語で読んでくれます!」とやらされました嘘はいかんね


担任の先生は、退職して4月から新しい幼稚園へ。(若い先生は辞める率が高くて怖い先生は残ってる^^;)

明日は年長さんの卒園式。


最近感傷的というか、巣立っていく人たちを見送るのが寂しくて悲しくて


先生は新しい職場で幸せになって欲しいなとか、子供たちは小学校で元気でいて欲しいなと思っただけで泣けてくるの



同じバス停の年長さんと今日が最後で、皆で卒園する子たちにお手紙とちょっとしたプレゼントを渡したら、朝ゆの吉はお手紙を貰って

IMG_7190.jpg


一生懸命書いたんだなと思ったら号泣


お母さんから私宛にお手紙とプレゼントも頂き、もう本当に泣けて泣けて

1人のお母さんが、「この先も子供の事で泣く事が色々あるんでしょうね」って言ってて

近所だから普通に会う事もあるだろうけど、
たった1年だったけれど、素敵な思い出と経験をさせてもらったなーと、改めて感謝でした。



自分の子が卒園する時はどんな感じなのだろう?


しかし既に先週から午前保育、あさってからは、なが~~~~い春休みになり、3人のお世話が待っていて・・・

1IMG_7187.jpg

ヘルペス再発しそう

テーマ: わんことの生活 -  ジャンル: ペット
by つっこママ  at 10:34 |  ゆの吉関係 |   |   |  page top ↑
プロフィール

つっこママ

Author:つっこママ
~~つっこ~~
9歳。
平成19年8月18日生まれの黒パグの女の子
鹿児島キッズドッグハウス犬舎出身

~つっこママ&はじめちゃん~
つっこを迎える為に横浜に家を購入。お付き合い10年を経て結婚。只今19年目。

~ゆの吉~
4歳

~みー子~
2歳

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
債務整理太陽光発電